2008年春のあおぞら学校

2008年4月27日(日) 桐生市民広場にて
 参加者は、子ども約80人、指導員約20人。
「春っ子たちのたのしいあそびづくし」をテーマに行なわれました。
料理のテーマは「カラフルな春を食べつくせ!!」。
さくらわかばつくし団子チューリップこいのぼりの6班で始まりました。
←オープニングセレモニー
 名札をつけた子どもたちは、まずオープニングゲームに参加します。
今回のオープニングは「怒りのイカリング」。新しいゲームです。
 新しいゲームでもすぐに楽しめるのがあおぞら学校の良いところ。
子どもも指導員も楽しんでいました。
みんなが揃ったあと、春のあおぞら学校開会宣言が行なわれ、あおぞら学校のスタートです。
←貨物列車しゅっしゅっしゅ♪
 次は、恒例の貨物列車です。
いわゆるムカデじゃんけんなのですが、軽快な歌と掛け声で、ただのムカデじゃんけんよりも 数倍楽しいものになっています。

 最後まで先頭だったチャンピオンは、指導員に胴上げされます。
また、指導員も本気なので、チャンピオンになってしまうことがあります。
 次は料理の時間です。
料理のテーマは「カラフルな春を食べつくせ!!」。
2班ずつ合同で、らくがきお好み焼きカラフルすいとん春やさいサラダをつくりました。
どれも美味しくできました。
←午後のあそび
 午後は班対抗のあそびです。
まずは、ヒューマンハンティング。いわゆる借り人競争です。
ここでは2つの班が同着で1位でした。
そして次は恒例の「あおぞらリレー」。班の全員で分担して市民広場を一周します。
一人一人の走った距離は違いますが、みんな全力で頑張りました。
←子どもマーケットごっこ
最後は、これまた恒例の子どもマーケットです。
午後のあそびで順位が良いほど、お店の近くからスタートできます。
「よーいスタート!」のかけ声とともに、子どもたちがお目当ての商品にむかって勢い良く走っていきます。
売る側も買う側も熱が入っています。